コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城次郎 きんじょう じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城次郎 きんじょう-じろう

1912-2004 昭和-平成時代の陶芸家。
大正元年12月3日生まれ。生地沖縄県那覇市の壺屋(つぼや)の新垣栄徳(あらがき-えいとく)にまなぶ。浜田庄司,河井寛次郎らにも師事し,昭和32年国展国画会賞,44年日本民芸館賞などを受賞。47年読谷村(よみたんそん)に金城次郎窯をかまえる。琉球陶器の伝統と技術をまもりながら,線彫りの魚や海老の模様で躍動感あふれた作風をきずいた。60年琉球陶器で人間国宝。平成16年12月24日死去。92歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金城次郎の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門ICタグスマトラ島沖地震・津波イメルダ スタウントン白瀬矗光の科学史小泉純一郎内閣崔洋一ロンドン同時爆破テロ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金城次郎の関連情報