コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城次郎 きんじょう じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城次郎 きんじょう-じろう

1912-2004 昭和-平成時代の陶芸家。
大正元年12月3日生まれ。生地沖縄県那覇市の壺屋(つぼや)の新垣栄徳(あらがき-えいとく)にまなぶ。浜田庄司,河井寛次郎らにも師事し,昭和32年国展国画会賞,44年日本民芸館賞などを受賞。47年読谷村(よみたんそん)に金城次郎窯をかまえる。琉球陶器の伝統と技術をまもりながら,線彫りの魚や海老の模様で躍動感あふれた作風をきずいた。60年琉球陶器で人間国宝。平成16年12月24日死去。92歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金城次郎の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門