コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金大建 きんだいけん Kim Tae‐gŏn

1件 の用語解説(金大建の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんだいけん【金大建 Kim Tae‐gŏn】

1822‐46
朝鮮人最初の神父。京畿道竜仁県の生れ。金海の人。幼名は再福。教名はアンドレアマカオパリ外国宣教会神学校を卒業後,1845年1月以来母国で伝道に従い,同年8月上海でフェレオル司教から神父に叙せられた。翌月,同司教,ダブリュイ神父とともに朝鮮に密入国して布教に努めたが,46年6月黄海道登山鎮で捕らえられ,同年9月,梟首(きようしゆ)に処せられた(丙午教獄)。1925年7月,ローマ教会から殉教者として列福された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金大建の関連キーワード京畿道水原仁川京畿朝鮮人虐殺事件北朝鮮人権法サハリンの朝鮮人姜徳相道竜閔元植

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone