コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金大建 きんだいけんKim Tae‐gŏn

世界大百科事典 第2版の解説

きんだいけん【金大建 Kim Tae‐gŏn】

1822‐46
朝鮮人最初の神父。京畿道竜仁県の生れ。金海の人。幼名は再福。教名はアンドレア。マカオのパリ外国宣教会神学校を卒業後,1845年1月以来母国で伝道に従い,同年8月上海でフェレオル司教から神父に叙せられた。翌月,同司教,ダブリュイ神父とともに朝鮮に密入国して布教に努めたが,46年6月黄海道登山鎮で捕らえられ,同年9月,梟首(きようしゆ)に処せられた(丙午教獄)。1925年7月,ローマ教会から殉教者として列福された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金大建の関連キーワード8月21日

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android