コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神父 しんぷ

大辞林 第三版の解説

しんぷ【神父】

キリスト教のカトリック教会・東方正教会で、司祭に対する尊称。ファーザー。 → 牧師

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

神父【しんぷ】

カトリックの司祭の日本での尊称。精神的・霊的な父の意。〈霊父〉ともいい,英語のFatherにあたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぷ【神父】

キリスト教の聖職者,とくにカトリック教会の司祭に叙階された者の日本での尊称。教区司祭と修道司祭とを問わず用いられる点で,英語のFatherに当たる。中国でつくられた漢字の術語がそのまま明治時代に導入され,一般にも親しまれるようになった。〈神〉は精神的,霊的の意。〈霊父〉との呼称も併用されていたが,現在では書面にしか用いられていない。【土屋 吉正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神父
しんぷ
révérend père; reverend father

おもにカトリックや,東方正教会で司祭に対する非公式な敬称。神父は中国語訳によるもので,神は霊魂を意味する。日本では神の父との誤解を避けるため,一時「霊父」が用いられたが定着せず,神父が一般化した。 (→牧師 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神父
しんぷ
father

ローマ・カトリック教会、東方正教会などで用いられる、聖職者への一般的尊称。原語は「父」の意で、初代教会以来、教会内の指導者に対して用いられてきたが、現在では、とくに司祭の地位にある人への尊称となっている。これに対して、司祭に叙階されていない修道士や修道女には、「ブラザー(兄弟)」「シスター(姉妹)」、また女子修道会の上長には「マザー(母)」の尊称が用いられる。[鶴岡賀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神父の関連キーワードゲオールギイ・アポローノヴィチ ガポーンエドワード・ジョウゼフ フラナガンジャン・ベルトラン アリスティドマクシミリアン・マリア コルベ鹿児島県熊毛郡屋久島町小島長崎市ド・ロ神父記念館エルネスト カルデナルブラウン神父の懐疑エッサデケイロースイルマン(伊留満)ヨウン スベンソンカトリックと独身制ブラウン神父の無知ジャック ドリールファーザー・テッドブラウン神父の不信神父(祭司)/牧師ブラウン神父の童心キリシタンバテレン病者の塗油の秘跡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神父の関連情報