コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子九平次 かねこ くへいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子九平次 かねこ-くへいじ

1895-1968 大正-昭和時代の彫刻家。
明治28年9月9日生まれ。長谷川栄作らにまなぶ。大正10年第3回帝展に「春愁」が初入選。フランスブールデルに師事。帰国後,国画創作協会会員。昭和12年新古典美術協会を創立した。昭和43年10月29日死去。73歳。東京出身。金光中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の金子九平次の言及

【明治・大正時代美術】より

…26年斎藤素巌(そがん)(1889‐1974),日名子実三(ひなこじつぞう)(1893‐1945)らは,建築と彫刻の結びつきを主張して構造社を結成する。また同年,国画創作協会に彫刻が加わったとき,ブールデルに学んで帰国した金子九平次(くへいじ)(1895‐1968)が中心となったが,28年に同会が国画会に改組すると,高村光太郎,清水多嘉示(たかし)(1897‐1981),高田博厚(ひろあつ)(1900‐87)らが加わった。さらに,39年国画会彫刻部は解散するが,36年に結成された新制作派協会に,新進の本郷進,柳原義達,佐藤忠良(ちゆうりよう),舟越保武らが結集する。…

※「金子九平次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金子九平次の関連キーワード深刻小説日清戦争プロヴォーク観念小説文芸倶楽部観念小説尖閣諸島ドイツ映画プレート・テクトニクスネオソム

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone