春愁(読み)しゅんしゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅん‐しゅう ‥シウ【春愁】

〘名〙
① 春の日に、なんとなく気がふさいで、ものうくなること。また、その思い。春情。《季・春》
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・春日山家眺望〈藤原周光〉「生計先忘雲外暁、春愁遠送日西天」
② 多くの人が青春期にもつ感傷的な気持。
※運命論者(1903)〈国木田独歩〉三「少年心(こどもごころ)にも哀(かなし)いやうな楽いやうな、所謂春愁(シュンシウ)でせう、そんな心持になりました」 〔梁元帝‐春日詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐しゅう〔‐シウ〕【春愁】

春の季節に、なんとなくわびしく気持ちがふさぐこと。春のい。 春》「―のかぎりを躑躅(つつじ)燃えにけり/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android