コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属転位論 きんぞくてんいろんdislocation theory of metal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属転位論
きんぞくてんいろん
dislocation theory of metal

金属の塑性変形,加工硬化,降伏現象,結晶成長などの諸物性を,転位論の立場から解明する学問領域。 1920年代の A. A.グリフィスの理論に示唆され,30年代 G. I.テーラー,E.オローワン,M.ポラニらによって基本概念が提出され,以後非常な進展をみた。転位の動きだけでなく,その交切相互作用による原子空孔や積層欠陥,不動転位の形成,ひげ結晶の生成,G-P帯形成による時効効果,金属の凝固,相転移,熱処理の根本など,その理論は非常に広範にわたっている。 60年以後超高圧電子顕微鏡が開発されて以来,転位の運動を実際に観察できるようになり,従来仮説とされていた諸理論が次々に実証され,その進展はめざましいものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

金属転位論の関連キーワード金属組織学格子欠陥

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android