コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金教臣 きん きょうしん

3件 の用語解説(金教臣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金教臣 きん-きょうしん

キム-キョシン

金教臣 キム-キョシン

1901-1945 朝鮮のキリスト教指導者。
光武5年4月18日生まれ。18歳で来日し東京高師にまなぶ。内村鑑三の教えをうける。1927年に帰国し「聖書朝鮮」を創刊,主筆。1942年朝鮮の独立を待望する巻頭言が筆禍事件をおこし,1年間入獄。解放前の1945年4月25日発疹チフスのため急逝した。45歳。咸鏡南道出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きんきょうしん【金教臣 Kim Kyo‐sin】

1901‐45
朝鮮の無教会派のキリスト教指導者。咸鏡南道出身。18歳で日本留学。1921年内村鑑三のロマ書講義に感銘を受け,以後内村の聖書集会に出席した。27年東京高師卒業後帰国し,《聖書朝鮮》誌を創刊。〈世の中で一番良いものは聖書と朝鮮〉であり,〈新しい朝鮮を聖書の上に建てよ〉と説き,〈朝鮮的キリスト教〉を追求した。42年同誌の筆禍事件で1年間入獄したが非転向を貫き,創氏改名日本語常用にも応じなかった。【大塚 嘉郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金教臣の関連キーワード中村鑑三横浜バンドキリスト教会耶蘇SCLCキリスト教社会同盟キリスト教徒マラッカのキリスト教会キリスト教系教会南部キリスト教指導者会議

金教臣の関連情報