コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金教臣 きん きょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金教臣 きん-きょうしん

キム-キョシン

金教臣 キム-キョシン

1901-1945 朝鮮のキリスト教指導者。
光武5年4月18日生まれ。18歳で来日し東京高師にまなぶ。内村鑑三の教えをうける。1927年に帰国し「聖書朝鮮」を創刊,主筆。1942年朝鮮の独立を待望する巻頭言が筆禍事件をおこし,1年間入獄。解放前の1945年4月25日発疹チフスのため急逝した。45歳。咸鏡南道出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんきょうしん【金教臣 Kim Kyo‐sin】

1901‐45
朝鮮の無教会派のキリスト教指導者。咸鏡南道出身。18歳で日本留学。1921年内村鑑三のロマ書講義に感銘を受け,以後内村の聖書集会に出席した。27年東京高師卒業後帰国し,《聖書朝鮮》誌を創刊。〈世の中で一番良いものは聖書と朝鮮〉であり,〈新しい朝鮮を聖書の上に建てよ〉と説き,〈朝鮮的キリスト教〉を追求した。42年同誌の筆禍事件で1年間入獄したが非転向を貫き,創氏改名や日本語常用にも応じなかった。【大塚 嘉郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android