コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金時草(きんじそう)

デジタル大辞泉プラスの解説

金時草(きんじそう)

石川県かほく市、金沢市で生産される葉物野菜。茎は紫褐色、葉の表は緑色、裏は紫色で、ゆでるとぬめりが出る。熊本の「水前寺菜」、沖縄・奄美地方の「ハンダマ」と同じ野菜。江戸時代にも栽培の記録があるが、本格的に栽培が広がったのは昭和初期とされる。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android