コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金時草(きんじそう)

1件 の用語解説(金時草(きんじそう)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

金時草(きんじそう)

石川県かほく市、金沢市で生産される葉物野菜。茎は紫褐色、葉の表は緑色、裏は紫色で、ゆでるとぬめりが出る。熊本の「水前寺菜」、沖縄・奄美地方の「ハンダマ」と同じ野菜。江戸時代にも栽培の記録があるが、本格的に栽培が広がったのは昭和初期とされる。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金時草(きんじそう)の関連キーワード石川県かほく市宇気石川県かほく市内日角石川県かほく市木津石川県かほく市気屋石川県かほく市湖北石川県かほく市白尾石川県かほく市多田石川県かほく市谷石川県かほく市夏栗石川県かほく市森

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone