金櫃・金匱(読み)きんき

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 金属製の箱。秘書を納める。転じて、貴重書のこと。
※史記抄(1477)二〇「石室金匱と云は皆国家蔵書之処としたぞ」 〔新書‐胎教〕
② 貨幣などを入れる箱。金庫。
※軍制綱領(1875)〈陸軍省編〉一「人員、馬匹及倉庫物品を算計し、金櫃を査実し」
[2] (金匱) 中国の古医書、「金匱要略」および「金匱鉤元」の略。
※随筆・癇癖談(1791か)上「傷寒論、金匱、素難、千金方のたふときことわり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android