千金方(読み)せんきんほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「千金方」の解説

千金方
せんきんほう

医学書。正式の書名は『備急千金要方(びきゅうせんきんようほう)』。30巻よりなる。中国、唐代の孫思邈(そんしばく)によって650年ごろに著された。人命はたいせつなものであり、千金の貴さがある、一つの処方でこれを救うというのは徳がこれを超えるものであるためである、ということから書名とされた。巻一は総で、師の心得、診断法、薬の処方・用法・調製法などを述べている。巻2~4は婦人病、巻五は小児病、巻六は七竅(きょう)、巻七は風毒脚気(かっけ)、巻八は諸風、巻9~10は傷寒、巻11~20は肝臓・膽腑(たんぷ)・心臓・小腸腑・脾(ひ)臓・胃腑・肺臓・大腸腑・腎臓(じんぞう)・膀胱(ぼうこう)腑などの臓腑について述べている。巻21~25は消渇・淋閉(りんへい)・尿血・水腫(すいしゅ)・丁腫・癰疽(ようそ)・丹毒などで、うち五巻で痔漏(じろう)・解毒・備急について述べている。巻26は食治、巻27は養性とともに按摩(あんま)法・調気法・服食法などを記している。巻28は脈診、巻29~30は鍼灸(しんきゅう)についての記載がある。多くは出典が記されておらず、大部分は当時の処方を集録したものとされる。この書は唐代から宋(そう)代にかけて広く用いられ、のちに『千金方』を扶翼する目的で『千金翼方』30巻が著された。

[山本徳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「千金方」の解説

千金方
せんきんぽう
Qian-jin-fang; Ch`ien-chin-fang

中国唐代の代表的医書。『千金要方』とも呼ばれる。孫思 邈 (581~682) によって 650年頃に著された。 30巻からなり,医学の修業,医の倫理より論を起こし,病理薬物療法,鍼灸,あんま,食餌療法など当時の医学知識を網羅した一大医学全書である。本書の続編として同じ著者による『千金翼方』 30巻がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android