コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金海遺跡 きんかいいせき

百科事典マイペディアの解説

金海遺跡【きんかいいせき】

韓国,慶尚南道金海にある遺跡。無文土器時代(青銅器時代)から三国時代にわたる遺跡で,1920年,1934年―1935年発掘。無文土器時代の支石墓,箱式石棺墓,合口甕棺(あわせぐちかめかん)墓や原三国時代の住居跡・貝塚があり,貝塚からは赤色素焼,灰色素焼,新羅土器(しらぎどき)の土器片,鉄斧(てっぷ),鉄刀子(とうす),鉄器片が発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の金海遺跡の言及

【金海】より

…洛東江下流の三角州の中央に1976年金海国際空港が建設され,開港とともに三角州全体が釜山市へ編入された。【谷浦 孝雄】
[金海遺跡]
 金海市鳳凰洞の鳳凰台と呼ばれる丘陵にある,無文土器時代(青銅器時代)から三国時代にわたる遺跡。1920年,34‐35年の本格的な発掘調査の結果,各種の遺構や遺物が検出された。…

※「金海遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金海遺跡の関連キーワード金海式土器貨泉

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android