コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金海鼠・光参 きんこ

大辞林 第三版の解説

きんこ【金海鼠・光参】

ナマコの一種。体は長さ20センチメートルに達する長楕円形で、前端の口の周囲に一〇本の触手がある。体色は灰褐色・濃紫色など。煮て干したものを「光参」といい、中国料理に使う。茨城県以北の海に広く分布。古くから金華山近海のものが賞味された。フジコ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金海鼠・光参の関連キーワード灰褐色ナマコフジコ分布触手体色前端

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android