コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛形 くしがた

4件 の用語解説(櫛形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛形
くしがた

山梨県甲府盆地西部にある地域。旧町名。釜無川に注ぐ御勅使 (みだい) 川や滝沢川などの扇状地を占める。 1954年小笠原町と榊村,野之瀬村が合体し成立。 1960年豊村を編入。 2003年に八田村,芦安村,白根,若草,甲西の各町と合併し南アルプス市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くし‐がた【×櫛形】

櫛のように、下部が水平で上部にゆるやかな丸みをもった山形。また、そのもの。
茶室などの壁に設ける、山形の出入り口。
木材にらせん状の溝を切り込むのに用いる鉋(かんな)の一種。刃が櫛の歯状になっている。
折烏帽子(おりえぼし)の前面上部のまねきの下の半円形の部分。
櫛形窓」の略。
櫛形の穴」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くしがた【櫛形】

櫛の形。下部が水平で、上部が弧になった形。 「 -に切ったレモン」
櫛形窓 」に同じ。
櫛形の穴 」に同じ。
侍烏帽子えぼしの部分の名。招きの下の部分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛形
くしがた

山梨県西部、中巨摩(なかこま)郡にあった旧町名(櫛形町(まち))。現在は南アルプス市の南部を占める一地区。1954年(昭和29)小笠原(おがさわら)町と榊(さかき)、野之瀬(ののせ)の2村が合併して成立。櫛形山の東麓(とうろく)部を占めるところから櫛形と名づけられた。1960年豊(ゆたか)村を編入。2003年(平成15)白根(しらね)、甲西(こうさい)、若草3町および八田(はった)、芦安(あしやす)2村と合併し、市制施行して南アルプス市となる。旧櫛形町地区は、国道52号が走り、櫛形山山麓部とその東に広がる滝沢川、市之瀬川などのつくった扇状地上にある。第二次世界大戦前から戦後の昭和30年代前半までは、養蚕を主体とする農村であったが、その後果樹栽培へ切り替えられ、モモ、スモモが主として栽培されている。工業も盛んで、機械、繊維、化学など戦後に誘致された工場もあり、中心市街地である身延(みのぶ)街道沿いの小笠原の町並みは、にぎわいをみせている。人造湖の北伊奈ヶ湖(いながこ)や南伊奈ヶ湖があり、湖畔はキャンプ場となっている。[横田忠夫]
『『櫛形町誌』2冊(1966・櫛形町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫛形の関連キーワード髪飾り叱・叱・執・失・嫉・室・悉・桎・櫛・湿・漆・濕・疾・膝・質櫛比梳く頭物頭の物解かす櫛引町櫛 (mane comb)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

櫛形の関連情報