コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金看板甚九郎 きんかんばんの じんくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金看板甚九郎 きんかんばんの-じんくろう

1694-1765 江戸時代中期の侠客(きょうかく)。
元禄(げんろく)7年生まれ。江戸芝神明前で,亀屋と号し,駕籠(かご)かきや手まわり人足の口入れ業をいとなむ。義侠心にとむことで知られた。河竹黙阿弥作の歌舞伎「金看板侠客本店(きんかんばんたてしのほんだな)」の主人公のモデル。明和2年6月26日死去。72歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金看板甚九郎の関連キーワード牧野省三

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android