コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金粉 きんぷんgold dust

翻訳|gold dust

4件 の用語解説(金粉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金粉
きんぷん
gold dust

金の粉末。物理的製法は,金地金をやすりにかけたり,金箔の屑を砕粉して得る。化学的製法は塩化金の溶液を化学的に処理して作る。なお金の細粉は非常に高価なので,代りに青銅粉が広く用いられている。漆器,陶磁器,絵画などの美術工芸品に用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんこ【金粉】

きんの粉末。金砂。きんぷん。
いんちき博打ばくちに使ういかさまさいころの一種。穴をあけてその中に金粉を入れて重くし、どのように投げてもその重さでいつも決まった目が出るように作ったもの。

きんぷん【金粉】

金または金色の金属の粉末。絵画・蒔絵まきえなどに用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金粉の関連情報