コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金門五三桐 きんもんごさんのきり

2件 の用語解説(金門五三桐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金門五三桐
きんもんごさんのきり

歌舞伎狂言。5幕。別名題『楼門 (さんもん) 五三桐』。1世並木五瓶 (当時五兵衛) 作。安永7 (1778) 年大坂角の芝居小川吉太郎座初演。戦国時代の盗賊石川五右衛門 (1世嵐雛助初演) が実は明国の謀反人宗蘇卿の子で,竹地 (明智) 光秀の養子左馬五郎となっていたという,人形浄瑠璃風の複雑な筋。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんもんごさんのきり【金門五三桐】

歌舞伎。時代物。五幕。初世並木五瓶作。1778年初演。盗賊石川五右衛門を脚色した最初の作品。南禅寺山門の場が有名で「楼門さんもん五三桐」の名で上演される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金門五三桐の関連キーワード山門大名題歌舞伎狂言上方狂言狂言師慶安太平記小名題島原狂言離れ狂言いろは新助

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone