金鷹(読み)きんたか

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「金鷹」の解説

きんたか【金鷹】

大分の日本酒。酒名は、大正初期、「吟醸の神様」といわれた醸造技術者・野白金一が、自分の名と蔵元屋号「鷹来屋」から「金」と「鷹」をとり命名。甘口の味わいの普通酒。原料米はレイホウ。仕込み水は祖母傾(そぼかたむき)山系伏流水。蔵元の「浜嶋酒造」は明治22年(1889)創業。原料米の自家栽培も手がける。所在地は豊後大野市緒方町下自在。

きんたか【金鷹】

兵庫の日本酒。蔵元の「本野田酒造」は江戸末期創業。所在地は西宮市久保町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android