コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘口 アマクチ

4件 の用語解説(甘口の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あま‐くち【甘口】

[名・形動]
比較的甘みの強い、または塩分や辛みをおさえた味加減。また、そのもの。「甘口の酒」⇔辛口
甘いものを好むこと。また、その人。甘党。⇔辛口
人の気にいるような口ぶり。口先だけのうまい言葉。甘言(かんげん)。「甘口に乗せられる」
穏やかに言うこと。なまぬるい言い方。また、そのさま。「甘口な批評」
思慮が浅く、間が抜けていること。また、そのさま。
「つりこまれるといふやうな―な事があるものか」〈滑・八笑人・四〉

うま‐くち【甘口】

酒・味噌・醤油などで、甘みが勝っていること。また、そのもの。あまくち。
人の心をとらえる巧みな言葉。巧言(こうげん)。「勧誘員の甘口に乗せられる」
見かけの有利な仕事。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまくち【甘口】

( 名 ・形動 )
酒・味噌などの味で、甘みがまさっていること。 ↔ 辛口 「 -の酒」
相手の気に入るようなうまい言い方。甘言かんげん。 「そんな-は請けねえ/人情本・辰巳園 3
口ぶりがおだやかなこと。 「先刻から-にいやあ付上りがして/歌舞伎・助六」
いいかげんなこと。また、手ぬるいさま。 「そんな-な分説いいわけでは、此継原つぎはらは承知しないぞ/当世書生気質 逍遥
思慮に欠けるさま。 「ちと-な男なれば/浮世草子・諸道聴耳世間猿」

うまくち【甘口】

人の気に入るような巧みな言葉。甘言。巧言。 「 -に乗る」
酒・醬油・味噌などで甘みを感じるもの。あまくち。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甘口の関連情報