コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣太鼓 ツリダイコ

2件 の用語解説(釣太鼓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つり‐だいこ【釣太鼓】

雅楽用の太鼓の一。主に管弦合奏に用いる。鼓胴の厚さ約12センチ、鼓面の直径約60センチの扁平形で、円形の木の枠につるし、2本の桴(ばち)で打つ。楽太鼓(がくだいこ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釣太鼓
つりだいこ

雅楽の唐楽管絃(とうがくかんげん)に使用する両面太鼓。楽(がく)太鼓ともいう。円形枠に直径約60センチメートルの平たい鋲打(びょううち)両面太鼓をつるしたもので、鼓面には七宝(しっぽう)模様の美しい彩色が施されている。奏者は、皮を張った先の丸い桴(ばち)を両手に持ち座奏する。奏法には、左手の雌(め)桴による弱打「図(ずん)」と、右手の雄(お)桴による強打「百(どう)」の2種があり、楽曲に大きな区分をつける役割を果たしている。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の釣太鼓の言及

【太鼓】より

…ほかに,神道,仏教などの宗教においても,その行事の具として太鼓類も用い,また玩具としても用いられる。 現行の雅楽では,舞楽用に,大きな枠付き締太鼓の短胴のものである〈大(鼉)太鼓(だだいこ)〉(左右2種ある)を用い,管絃用に,小さな鋲打ち短胴のものである〈釣太鼓〉(狭義の〈楽太鼓〉。広義には雅楽用の太鼓をいう)を用いるほか,行道(ぎようどう)用の〈荷太鼓(にないだいこ)〉や,〈振鼓(ふりつづみ)〉〈鶏婁鼓(けいろうこ)〉があり,後2者は併用され,特定の舞楽曲(《一曲》)でも用いられる。…

※「釣太鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釣太鼓の関連キーワード楽太鼓管弦音取来序楽琵琶管弦舞楽鶏婁鼓太鼓判堂鼓担太鼓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone