強打(読み)こわうち

精選版 日本国語大辞典の解説

こわ‐うち こは‥【強打】

〘名〙
① 刀や槍などの打物(うちもの)をきたえることにすぐれた人。
② 刀、長刀などの武術にすぐれた人。
※奥州後三年記(1347)中「武衛がもとに亀次、并次と云ふ二人の打手あり、並びなきつはものなり。是れをこはうちと名附けたり」

きょう‐だ キャウ‥【強打】

〘名〙
① 強く打つこと。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「背中の全面を地面に強打して仰向けに転倒した」
② 野球で、バントをしないで、積極的に打っていくこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐だ〔キヤウ‐〕【強打】

[名](スル)
強い勢いで打ちつけること。「転んで後頭部を強打した」
野球で、打者が積極的に打っていくこと。「バントシフトの裏をかいて強打に出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android