コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強打 キョウダ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐だ〔キヤウ‐〕【強打】

[名](スル)
強い勢いで打ちつけること。「転んで後頭部を強打した」
野球で、打者が積極的に打っていくこと。「バントシフトの裏をかいて強打に出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうだ【強打】

( 名 ) スル
強く打つこと。強い打撃を与えること。 「転んで頭を-する」
野球で、打力のあること。 「 -を誇る打線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強打の関連キーワード在日米海軍上級軍属による傷害致死事件1987年の日本グランプリシャーマン オバンドーヨエニス セスペデスアナ イワノヴィッチグラウンドスマッシュウエスタングリップ県内初の裁判員裁判上田西の甲子園出場ワンツーパンチ負傷事故の概要バントシフト頸椎しんとう空手チョップ鳥巣式石灰岩桜井 弥一郎鞭馬 文典井野川利春藤村富美男阿部慎之助

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強打の関連情報