強打(読み)こわうち

精選版 日本国語大辞典「強打」の解説

こわ‐うち こは‥【強打】

〘名〙
① 刀や槍などの(うちもの)をきたえることにすぐれた人。
② 刀、長刀などの武術にすぐれた人。
※奥州後三年記(1347)中「武衛がもとに亀次、并次と云ふ二人の打手あり、並びなきつはものなり。れをこはうちと名附けたり」

きょう‐だ キャウ‥【強打】

〘名〙
① 強く打つこと。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「背中全面地面に強打して仰向けに転倒した」
野球で、バントをしないで、積極的に打っていくこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「強打」の解説

きょう‐だ〔キヤウ‐〕【強打】

[名](スル)
強い勢いで打ちつけること。「転んで後頭部を強打した」
野球で、打者が積極的に打っていくこと。「バントシフトの裏をかいて強打に出る」
[類語]当てるぶつける打ち付ける打ち当てる突き当てる突っかかる突っかける衝突激突命中的中百発百中体当たり一撃打撃痛打連打乱打滅多打ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android