強打(読み)キョウダ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐だ〔キヤウ‐〕【強打】

[名](スル)
強い勢いで打ちつけること。「転んで後頭部を強打した」
野球で、打者が積極的に打っていくこと。「バントシフトの裏をかいて強打に出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうだ【強打】

( 名 ) スル
強く打つこと。強い打撃を与えること。 「転んで頭を-する」
野球で、打力のあること。 「 -を誇る打線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐だ キャウ‥【強打】

〘名〙
① 強くつこと。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「背中の全面を地面に強打して仰向けに転倒した」
② 野球で、バントをしないで、積極的に打っていくこと。

こわ‐うち こは‥【強打】

〘名〙
① 刀や槍などの打物(うちもの)をきたえることにすぐれた人。
② 刀、長刀などの武術にすぐれた人。
※奥州後三年記(1347)中「武衛がもとに亀次、并次と云ふ二人の打手あり、並びなきつはものなり。是れをこはうちと名附けたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強打の関連情報