コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴の奏 スズノソウ

大辞林 第三版の解説

すずのそう【鈴の奏】

平安時代、行幸の前駆に鳴らす鈴の下賜を朝廷に願い出ること。また、還御かんぎよののち、返上を願い出ること。少納言がその任に当たった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鈴の奏の関連キーワード平安時代朝廷前駆

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android