コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴の綱 スズノツナ

大辞林 第三版の解説

すずのつな【鈴の綱】

奈良・平安時代、宮中で殿上の間から校書殿きようしよでんに渡してある鈴つきの綱。蔵人くろうどが小舎人こどねりを呼ぶときに、引いて鳴らした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鈴の綱の関連キーワード平安時代候ふ空柱ねり宮中殿上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android