コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小舎人 コドネリ

デジタル大辞泉の解説

こ‐どねり【小舎人】

平安時代、蔵人所(くろうどどころ)に属して殿上(てんじょう)の雑事に使われた者。殿上の童(わらわ)。
中世、幕府の侍所(さむらいどころ)に属して、雑用をした者。
小舎人童(こどねりわらわ)」に同じ。
「大将、上に使ひ給ふ童、御供に―にてありしを召して」〈宇津保・蔵開中〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こどねり【小舎人】

(1)蔵人所(くろうどどころ)の下級職員。御倉小舎人と称す。殿上からの召を受けて,殿中公用に就事することを職掌とした。その詰所校書殿にあった。定員は6名であったが,平安末期には12名となった。また,このほかに定外の小舎人も置かれた。鎌倉時代に成立した《禁秘抄》には,六位蔵人が公事を欠怠するために,出納,小舎人がもっぱら事に当たるようになったと記されており,中世においては出納とともに蔵人所運営の重要な担い手となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こどねり【小舎人】

平安時代、蔵人所くろうどどころに属して殿上てんじようの雑用をする者。殿上童てんじようわらわ
「小舎人童わらわ」の略。
鎌倉・室町時代、侍所さむらいどころで雑用を務めた下級役人。罪囚・獄舎の事などもつかさどった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小舎人の言及

【真継家】より

…戦国時代から江戸時代を通じて,蔵人所(くろうどどころ)小舎人(こどねり)=御蔵職(おくらしき)を世襲した地下(じげ)の官人。室町時代以前の出自,系譜は不明(《地下家伝》の系譜は江戸時代の偽作)。…

※「小舎人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小舎人の関連キーワード堤中納言物語和泉式部日記川村 黄雨継ぎ継ぎ世継の翁茅原華山四座雑色引き張る平安時代小舎人所室町時代殿上童戯える思う様真継家鈴の綱爽らか朝夕馬副某某

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小舎人の関連情報