コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校書殿 キョウショデン

5件 の用語解説(校書殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうしょ‐でん〔ケウシヨ‐〕【校書殿】

平安京内裏十七殿の一。清涼殿(せいりょうでん)の南、安福殿の北にある。歴代の書物を保管した。文殿(ふみどの・ふどの)。

こうしょ‐でん〔カウシヨ‐〕【校書殿】

きょうしょでん(校書殿)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうしょでん【校書殿】

平安宮内裏の殿舎。紫宸殿の西に位置し,南にある安福殿とならんで,東側にある宜陽殿(ぎようでん),春興殿と相対する。9世紀初めの弘仁年間にはその存在が確認できるので,平安宮創建のときから設けられたと推定できる。桁行9間,梁行2間の身舎の四面に廂(ひさし)をつけた南北棟建物で,東を正面とする。身舎は一部を塗籠(ぬりごめ)とし,書籍を中心とする御物を収蔵したので,一名文殿(ふみどの)とも称する。西廂には北に蔵人所(くろうどどころ),南に校書所をおく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうしょでん【校書殿】

平安京内裏の殿舎の一。清涼殿の南にあり、主に書籍の類をおさめ、また書写・校合などをした。文殿ふどの。 → 内裏

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

校書殿
きょうしょでん

平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。文殿(ふどの)ともいう。清涼殿の南にあり、檜皮葺(ひわだぶ)きで、南北9間、東西2間の母屋(もや)の、四面に廂(ひさし)がある東向きの建物。母屋は納殿(おさめどの)ともいい、歴代の書物などが保管された。810年(弘仁1)、納殿の管理や文書の取扱いにあたる蔵人所(くろうどどころ)が設置され、のちに宮中の事務全体を掌握した。北廂には下侍(しもさぶらい)(蔵人などの控室)があり、西廂の北側には、出納(しゅつのう)(蔵人所で、文書・雑具の出し入れにあたった職)・小舎人(こどねり)(殿上の雑用係)の控室、そして南側に校書殿を管理する校書所(どころ)があった。東廂の南側は右近衛陣座で、紫宸殿(ししんでん)東廊にある左近衛陣座とともに、仗議(じょうぎ)(公卿(くぎょう)が政(まつりごと)を評議する会議)の場であった。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

校書殿の関連キーワード宜陽殿仁寿殿紫宸殿春興殿大内裏図考証安福殿永安門正殿前殿南殿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone