鈴木信篤(読み)すずき のぶあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木信篤 すずき-のぶあつ

1839-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)10年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)宍戸(ししど)藩士。天狗(てんぐ)党の乱のとき,水戸藩内の抗争鎮圧にむかった藩主松平頼徳(よりのり)にしたがい那珂湊(なかみなと)にいたり,水戸藩の保守派や幕府方とたたかい元治(げんじ)元年8月25日戦死。26歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android