コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木南嶺 すずき なんれい

美術人名辞典の解説

鈴木南嶺

幕末の画家。江戸の人。名は順、字は子信、号は南嶺・観水軒。初め月僊に、のち渡辺南岳の門に学び、人物花鳥をよくす。画を以て丹後田辺の城主牧野家に仕えた。弘化元年(1844)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木南嶺 すずき-なんれい

1775-1844 江戸時代後期の画家。
安永4年生まれ。江戸の人。渡辺南岳らにまなび,江戸円山派の画家として活躍。のち丹後(京都府)田辺藩主牧野家につかえた。天保(てんぽう)15年10月12日死去。70歳。名は順。字(あざな)は子信。通称は猪三郎。別号に観水軒。作品に「あさくさぐさ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木南嶺の関連キーワード菊川英山山形素真川口月嶺柴田是真原田圭岳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android