鈴木敏夫(読み)すずきとしお

知恵蔵miniの解説

鈴木敏夫

日本の映画プロデューサー。1948年、愛知県名古屋市生まれ。72年に慶應義塾大学文学部を卒業後、出版社・株式会社徳間書店に入社。週刊誌「アサヒ芸能」の記者を経て、月刊アニメ雑誌「アニメージュ」の創刊に携わり同誌の編集長となった。アニメーター宮崎駿と知り合い、同誌上で「風の谷のナウシカ」を連載。84年に同作品が映画化され公開となったが、その折は実質的にプロデュースを手がけた。以降、雑誌編集者と映画制作をかけもちする生活が続き、85年には徳間書店の出資による株式会社スタジオジブリの設立に参画。89年からは同社専従となり、90年、徳間書店を退社してスタジオジブリの代表取締役となった。同社の全作品の映画プロデューサーを務めてきており、映画「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などのメガヒットを成し遂げて「ジブリの立役者」と称されている。2014年7月公開の「思い出のマーニー」ではゼネラルマネージャーを務めた。著書に『映画道楽』(ぴあ)、『ジブリの哲学』(岩波書店)などがある。

(2015-2-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木敏夫の関連情報