コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大漢和辞典 ダイカンワジテン

3件 の用語解説(大漢和辞典の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいかんわ‐じてん【大漢和辞典】

漢和辞典。15巻。諸橋轍次著。昭和18年(1943)に1巻を刊行するが空襲により組版を消失、中絶。昭和30年(1955)に復刊1巻を発刊、以降5年かけて12巻と索引1巻を刊行。収録親字数約5万、熟語数約53万。平成2年(1990)に語彙索引、平成12年(2000)に補巻が刊行された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大漢和辞典【だいかんわじてん】

諸橋轍次(もろはしてつじ)著の漢和辞典。大修館書店刊。全13巻(うち索引1巻)。1943年第1巻が刊行されたが,戦災により中止。戦後1955年―1960年に刊行された。
→関連項目漢和辞典

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいかんわじてん【大漢和辞典】

諸橋轍次(もろはしてつじ)(1883‐1982)の著になる代表的な漢和辞典。大修館書店発行。全13巻(本文12巻,索引1巻)。B5判約1万5000ページ親文字4万9964字(《康熙字典》の4万2174字より字数が多いのは,新字・略字などを入れたため),熟語数約52万6500(《佩文韻府(はいぶんいんぷ)》は42万),挿図約2800。第1巻の刊行は1943年で,やがて第2巻が刊行されようとするころ,第2次世界大戦の戦災のため,組版全部を焼失した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の大漢和辞典の言及

【辞書】より

…1928),《新字鑑》(塩谷温編。1938),《大漢和辞典》13巻(諸橋轍次編。1955‐60),白川静《字統》(1984)などがある。…

※「大漢和辞典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大漢和辞典の関連キーワード諸橋止軒諸橋轍次諸橋新潟県三条市庭月石井茂吉岩橋轍輔鈴木一平松下忠諸橋久太郎諸橋晋六

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大漢和辞典の関連情報