コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大漢和辞典 ダイカンワジテン

デジタル大辞泉の解説

だいかんわ‐じてん【大漢和辞典】

漢和辞典。15巻。諸橋轍次著。昭和18年(1943)に1巻を刊行するが空襲により組版を消失、中絶。昭和30年(1955)に復刊1巻を発刊、以降5年かけて12巻と索引1巻を刊行。収録親字数約5万、熟語数約53万。平成2年(1990)に語彙索引、平成12年(2000)に補巻が刊行された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大漢和辞典【だいかんわじてん】

諸橋轍次(もろはしてつじ)著の漢和辞典。大修館書店刊。全13巻(うち索引1巻)。1943年第1巻が刊行されたが,戦災により中止。戦後1955年―1960年に刊行された。
→関連項目漢和辞典

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいかんわじてん【大漢和辞典】

諸橋轍次(もろはしてつじ)(1883‐1982)の著になる代表的な漢和辞典。大修館書店発行。全13巻(本文12巻,索引1巻)。B5判約1万5000ページ親文字4万9964字(《康熙字典》の4万2174字より字数が多いのは,新字・略字などを入れたため),熟語数約52万6500(《佩文韻府(はいぶんいんぷ)》は42万),挿図約2800。第1巻の刊行は1943年で,やがて第2巻が刊行されようとするころ,第2次世界大戦の戦災のため,組版全部を焼失した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大漢和辞典の言及

【辞書】より

…1928),《新字鑑》(塩谷温編。1938),《大漢和辞典》13巻(諸橋轍次編。1955‐60),白川静《字統》(1984)などがある。…

※「大漢和辞典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大漢和辞典の関連情報