コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木田正雄 すずきだ まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木田正雄 すずきだ-まさお

1845-1905 明治時代の新聞記者。
弘化(こうか)2年生まれ。明治7年「読売新聞」創刊とともに初代編集長となり,俗談平話を編集方針にして部数をのばした。13年退社。「有喜世(うきよ)新聞」をへて「鈴木田新聞」を創刊したがまもなく廃刊。「東北自由新聞」などを転々とし,晩年は新聞界をしりぞいた。明治38年5月2日死去。61歳。江戸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木田正雄

没年:明治38.5.2(1905)
生年:弘化2(1845)
明治時代ジャーナリスト。江戸生まれ。明治4(1871)年,子安峻らの日就社に校正方として入社し,7年11月,『読売新聞』の創刊とともに同紙の初代編集長となる。平易で庶民的な小新聞として同紙を編集し,名編集長と評価された。13年5月に同紙を退社し,『みやこ新聞』(『東京真砂新聞』の改題。『東京新聞』の前身となった『都新聞』とは別),『有喜世新聞』を経て,13年12月に,みずから『鈴木田新聞』を創刊した。その後も『東北自由新聞』『奥羽日日新聞』『東京絵入新聞』『群馬新聞』などを転々としたが,いずれも長くは続かなかった。<参考文献>『読売新聞百年史』

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鈴木田正雄の関連キーワードパーソンフォーレルート光の科学史竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府後藤三右衛門(2代)スタング(父子)

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone