鈴木綾雄(読み)すずき あやお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木綾雄 すずき-あやお

1818-1863 江戸時代後期の俳人。
文政元年生まれ。安房(あわ)(千葉県)館山(たてやま)藩士和学に通じ,とくに蕉風(しょうふう)の俳諧(はいかい)で名がたかかった。文久3年7月江戸藩邸で病没。46歳。関為山(いざん)および門人の編による追悼集「おしまつき」がある。字(あざな)は敬義。通称は源助,謙助。号は老梅居。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android