コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄券 てっけん tiě juǎn

1件 の用語解説(鉄券の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てっけん【鉄券 tiě juǎn】

中国で君主が功臣を封建する際に用いる瓦状の鉄製の割符。券は契,すなわち誓約の意。高さ1尺,幅2尺で,表(凸)面には功臣の履歴・功績が,裏(凹)面には功臣本人と子孫が罪過を犯した際の免罪と減俸の程度が金で書き込まれた。金券,金書鉄券といわれるゆえんである。漢の高祖が功臣を封じた際には丹書した鉄券を用いたとされるが,のち金を嵌入するようになった。二分して左を功臣に与え,右を内府に保管した。【稲葉 一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄券の関連キーワード君主制封土立憲君主制群臣を棄つ功臣隅瓦袖瓦内帑副の

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone