コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄券 てっけんtiě juǎn

世界大百科事典 第2版の解説

てっけん【鉄券 tiě juǎn】

中国で君主が功臣を封建する際に用いる瓦状の鉄製の割符。券は契,すなわち誓約の意。高さ1尺,幅2尺で,表(凸)面には功臣の履歴・功績が,裏(凹)面には功臣本人と子孫が罪過を犯した際の免罪と減俸の程度が金で書き込まれた。金券,金書鉄券といわれるゆえんである。漢の高祖が功臣を封じた際には丹書した鉄券を用いたとされるが,のち金を嵌入するようになった。二分して左を功臣に与え,右を内府に保管した。【稲葉 一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄券の関連キーワード量案

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄券の関連情報