鉄尺(読み)てつじゃく

  • てつしゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鉄製のものさし。〔五国対照兵語字書(1881)〕 〔隋書‐趙伝〕
② (鉄製であったところからいう) 曲尺(かねじゃく)のこと。かねざし。
※続日本紀‐天平七年(735)四月辛亥「太衍暦経一巻。太衍暦立成十二巻。測影鉄尺一枚。銅律管一部」
③ 兵器の名。短い鉄の棒。〔国朝漢学師承記‐巻四・武億〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鉄尺の言及

【ものさし(物差∥物指)】より

…こうして衰退したものさしの公定は,それ以後明治に至るまで復活することはなかった。平安時代から中世にかけて,文献上にしばしば見える私尺は,主として〈鉄尺〉と〈竹尺〉と称するものである。鉄尺は以前の公定尺の小尺の系統を受け,平安時代以後,長く日本のものさしの中心的な地位を占めてきたと推定される。…

※「鉄尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android