鉄索(読み)テッサク

大辞林 第三版の解説

てっさく【鉄索】

針金をより合わせた綱。鋼索。
ケーブル-カー。鋼索鉄道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てっ‐さく【鉄索】

〘名〙
① 鉄線を縒(よ)り合わせて作った鉄の綱。鉄製の綱。
※東海一漚集(1375頃)一・遊武夷山「手援鉄索雲梯、眼眩股戦心将退」
※俳諧・蕪村遺草(1783頃)蓑虫説「只一繊のいとはかなきも、かれがためには千錬の鉄索にもまさり侍らん」 〔宋史‐張永徳伝〕
② 架空索道のこと。
※風俗画報‐二三四号(1901)足尾銅山に至る官道「されば手荷物は鉄索に依り、宙乗を為して、遙かに雲を掠め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android