コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄船宗柏 てっせん そうはく

2件 の用語解説(鉄船宗柏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄船宗柏 てっせん-そうはく

1437-1478 室町時代の尼僧。
永享9年生まれ。赤松満祐(あかまつ-みつすけ)の娘。臨済(りんざい)宗。嘉吉(かきつ)の乱で父が自殺して一族が壊滅したため出家。天隠竜沢(てんいん-りゅうたく)に終生師事した。文明10年死去。42歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鉄船宗柏

没年:文明10(1478)
生年:永享9(1437)
室町時代臨済宗の尼。播磨国(兵庫県)など3カ国の守護を務めた赤松満祐の娘。嘉吉の乱(1441)で赤松氏の惣領家が潰滅したのちに出家し,同国鵤荘(兵庫県揖保郡太子町)内の本住寺の北隣りにあった臨済宗仏果寺に居住。一族の菩提を弔うとともに,禅の修行に励んだ。応仁1(1467)年,本住寺を訪れた五山文学僧で建仁寺,南禅寺の住持も歴任した天隠竜沢のもとに参禅。その女丈夫ぶりに竜沢も感嘆し,以後子弟としての交流が死まで続いた。三回忌の法要は竜沢が導師を勤めている。<参考文献>天隠竜沢『黙雲詩稿』

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄船宗柏の関連キーワード天隠龍沢正韵東海宗朝福島慶道圜悟克勤臨済録済家景愛寺播磨風土記哲巌祖濬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone