コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄船宗柏 てっせん そうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄船宗柏 てっせん-そうはく

1437-1478 室町時代の尼僧。
永享9年生まれ。赤松満祐(あかまつ-みつすけ)の娘。臨済(りんざい)宗。嘉吉(かきつ)の乱で父が自殺して一族が壊滅したため出家。天隠竜沢(てんいん-りゅうたく)に終生師事した。文明10年死去。42歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鉄船宗柏

没年:文明10(1478)
生年:永享9(1437)
室町時代の臨済宗の尼。播磨国(兵庫県)など3カ国の守護を務めた赤松満祐の娘。嘉吉の乱(1441)で赤松氏の惣領家が潰滅したのちに出家し,同国鵤荘(兵庫県揖保郡太子町)内の本住寺の北隣りにあった臨済宗仏果寺に居住。一族の菩提を弔うとともに,禅の修行に励んだ。応仁1(1467)年,本住寺を訪れた五山文学僧で建仁寺,南禅寺の住持も歴任した天隠竜沢のもとに参禅。その女丈夫ぶりに竜沢も感嘆し,以後子弟としての交流が死まで続いた。三回忌の法要は竜沢が導師を勤めている。<参考文献>天隠竜沢『黙雲詩稿』

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鉄船宗柏の関連キーワード尼僧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android