コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀朱 ギンシュ

大辞林 第三版の解説

ぎんしゅ【銀朱】

水銀を焼いて作る赤色の顔料。成分は硫化水銀(Ⅱ)。朱墨として使い、また薬品ともする。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銀朱の関連キーワード日吉ヶ丘桜井茶臼山古墳バーミリオン天神山古墳三池平古墳島の山古墳西谷墳墓群藤ノ木古墳古波蔵良州黒塚古墳硫化水銀インキ印肉色彩朱色

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀朱の関連情報