コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河磁場 ぎんがじば galactic magnetic field

1件 の用語解説(銀河磁場の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんがじば【銀河磁場 galactic magnetic field】

銀河系全体を渦状につらぬく大きなスケールの磁場と,乱流状態にある星間ガスに凍結した不規則な磁場がある。大きなスケールの磁場は太陽付近でははくちょう座腕にそって銀経80゜,銀緯0゜の方向に走っており,強さは3×10-6ガウス。磁力線の向きは隣どうしの渦状腕で反転しており,銀河系全体でみると,磁力線が1本の腕から流れこみ,他方の腕から流れ出すような渦巻形をしている。不規則な磁場成分はスケール300光年くらいの乱流状態にあると考えられ,強さはやはり3×10-6ガウス程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銀河磁場の関連キーワード渦状銀河超銀河団銀河団銀河群銀河系外星雲天の川銀河刺貫く銀河面銀河のハッブル分類クラインの仮説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone