コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銃創 ジュウソウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐そう〔‐サウ〕【銃創】

銃弾で撃たれてできた傷。鉄砲傷銃傷。「貫通銃創

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうそう【銃創】

銃弾によって受けた傷。射創。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銃創
じゅうそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の銃創の言及

【傷】より


[射創gunshot wound]
 銃器から発射された弾丸が当たってできた創傷。一般には銃創という。(1)射創の種類 弾丸が体内を貫いて体外に出ていれば貫通射創,弾丸が体内にとどまっていれば盲管射創という。…

【傷】より


[射創gunshot wound]
 銃器から発射された弾丸が当たってできた創傷。一般には銃創という。(1)射創の種類 弾丸が体内を貫いて体外に出ていれば貫通射創,弾丸が体内にとどまっていれば盲管射創という。…

※「銃創」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銃創の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃中原猶介(なかはらなおすけ)ブルンシュウィクラ・ロシュフコー吉葉山 潤之輔渡久地 政信芳賀 栄次郎池辺吉十郎ダムダム弾森 槐南貫通銃創動静脈瘻坂井 直山地元治盲管銃創大槻俊斎銃創瑣言伊庭八郎近藤勇森槐南

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銃創の関連情報