コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傷/疵/瑕 キズ

デジタル大辞泉の解説

きず【傷/×疵/×瑕】

切る、打つ、突くなどして、皮膚や筋肉が裂けたり破れたりした部分。「深い―を負う」
物の表面の裂け目や、欠けたりした部分。「レンズに―がつく」
人の行為・性質・容貌(ようぼう)などや物事の不完全な部分。好ましくない点。欠点。「怒りやすいのが玉に―」
不名誉なこと。恥ずべきこと。汚点。「経歴に―がつく」
心などに受けた痛手。「失恋の―をいやす」
[下接語]後ろ傷打ち傷掠(かす)り傷刀傷咬(か)み傷切り傷刺し傷擦(す)り傷弾(たま)傷突き傷手傷生(なま)傷古傷無傷向こう傷矢傷山傷槍(やり)傷

しょう【傷】[漢字項目]

[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢) [訓]きず いたむ いためる
学習漢字]6年
〈ショウ〉
きず。けが。「傷病外傷軽傷死傷重傷創傷凍傷負傷
きずをつける。そこなう。「傷害殺傷食傷損傷中傷刃傷(にんじょう)
心をいためる。つらく思う。「傷心哀傷感傷愁傷悲傷
〈きず〉「傷口手傷生傷古傷
[難読]火傷(やけど)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きず【傷】

生体に外力が作用したとき,生体組織に直接障害の生ずることがある。これが損傷injuryといわれるものであるが,損傷を医学的に定義づければ,外力によって生体組織本来の連続性が断たれた状態ということになる。損傷には体表から見える開放性損傷と,体表からは見えない非開放性損傷がある。後者は閉鎖性損傷または皮下損傷ともいい,表在性の打撲傷のみならず,体深部の筋肉や血管,臓器の損傷など,皮下のすべての損傷を含む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

傷/疵/瑕の関連キーワード向こう傷・向こう疵渦電流探傷検査渦電流探傷試験後ろ傷・後ろ疵擦り傷・擦傷モース硬度計渦流探傷試験電磁誘導試験電磁誘導検査生傷・生疵探傷試験磁粉探傷蚯蚓脹れ手負い鞍擦れ裂け目癒える鉄砲傷屈傷性掠れ傷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android