コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅化合物中毒 どうかごうぶつちゅうどくcuprous compounds poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅化合物中毒
どうかごうぶつちゅうどく
cuprous compounds poisoning

銅器または黄銅器内に酸性または脂肪食物をたくわえると,銅の酢酸塩や脂肪酸塩ができる。これを摂取して中毒することをいう。また硫酸銅吐剤や農薬として使用されるが,これを誤用して中毒を起すこともある。銅塩は胃内に入ると嘔吐を催すため,一般に軽症である。重症の場合は,胃腸症状のほかに倦怠感冷感めまいが起り,けいれん昏睡に陥って死亡する。治療は,胃洗浄解毒剤 (バル,ハイポなど) の投与を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android