銅化合物中毒(読み)どうかごうぶつちゅうどく(英語表記)cuprous compounds poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅化合物中毒
どうかごうぶつちゅうどく
cuprous compounds poisoning

銅器または黄銅器内に酸性または脂肪食物をたくわえると,銅の酢酸塩や脂肪酸塩ができる。これを摂取して中毒することをいう。また硫酸銅吐剤や農薬として使用されるが,これを誤用して中毒を起すこともある。銅塩は胃内に入ると嘔吐を催すため,一般に軽症である。重症の場合は,胃腸症状のほかに倦怠感冷感めまいが起り,けいれん昏睡に陥って死亡する。治療は,胃洗浄解毒剤 (バル,ハイポなど) の投与を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android