銖錙(読み)シュシ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐し【銖錙】

〘名〙 (古代中国の目方の単位で、一〇〇粒の黍(きび)を銖、二四銖を両、八両(一説に六両)を錙としたところから) ごくわずかの目方。転じて、微小なもの。つまらないこと。錙銖(ししゅ)。〔新撰字解(1872)〕
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉一三「(シュシ)の利を争ひながら」 〔韓愈‐送高閑上人序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android