コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河上肇 かわかみ はじめ

10件 の用語解説(河上肇の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

河上肇

経済学者・社会思想家。山口県生。東大卒。ヨーロッパに留学中法学博士号を受け、帰国後京大教授となる。またマルクス主義の研究と紹介に努め、青年層に多大の影響を及ぼした。のち大山郁夫らと実践運動に入り新労農党を結成したが、理論的誤りを認め大山らと別れた。獄中生活の後、自叙伝等の執筆に専念した。昭和21年(1946)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

河上肇

マルクス経済学の第一人者で、日本の初期の共産主義運動に影響を与えた。1928年に京大教授を辞職。33年に治安維持法に問われて服役し、出所後の46年に亡くなった。死後に「自叙伝」が刊行され、ベストセラーになった。

(2010-05-15 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわかみ‐はじめ〔かはかみ‐〕【河上肇】

[1879~1946]経済学者・社会思想家。山口の生まれ。京大教授。マルクス(主義)経済学の研究・紹介に努め、大学を追われた。のち、日本共産党に入党、検挙されて入獄。著「資本論入門」「経済学大綱」「貧乏物語」「自叙伝」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

河上肇【かわかみはじめ】

経済学者,社会運動家。山口県出身。東大卒後,東大,学習院などの講師を歴任。資本主義社会の利己と利他の矛盾の解決を絶対的利他主義に求めて,1905年教職を辞し伊藤証信の無我苑にはいったが,その誤りを批判。
→関連項目宇都宮徳馬森戸事件労学会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河上肇 かわかみ-はじめ

1879-1946 明治-昭和時代前期の経済学者。
明治12年10月20日生まれ。母校東京帝大の講師をへて大正4年京都帝大教授となる。「大阪朝日新聞」に「貧乏物語」を連載。のち雑誌「社会問題研究」を刊行,マルクス主義の研究と紹介につとめた。昭和3年教授を辞職。7年共産党に入党,翌年逮捕される。出獄後は「自叙伝」などを執筆。昭和21年1月30日死去。68歳。山口県出身。著作はほかに「資本論入門」「経済学大綱」など。
【格言など】誤れる常識と闘争しこれを打破して行くことが新興科学の任務である

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河上肇

没年:昭和21.1.30(1946)
生年:明治12.10.20(1879)
明治から昭和期にかけての経済学者,思想家。山口県錦見村(岩国市)の下級士族の家に生まれ,岩国学校,山口高等学校を経て,東京帝大法科に入学。高校時代には国家主義的で,詩人志望だったが,民党が政権に就いたのをみて,にわかに法科に転学したのである。上京した河上は,木下尚江,内村鑑三らの演説を聞き,聖書を読み,「絶対的な無我主義」に心を惹かれ,足尾鉱毒救済のために身につけている以外の一切の衣類を寄付するという異常な行動に出た。明治35(1902)年大学卒業後,農科大学実科の講師となり,経済原論,農政学業を教えるとともに刻苦して経済学を学び,38年『日本尊農論』『経済学原論』上巻などを出版。さらに「社会主義評論」を『読売新聞』紙上に連載中,トルストイの「我が宗教」を読んで感激し,一切をなげうって60日ほど伊藤証信の無我苑に入苑して伝道したが,この間に「自我滅却,大死一番」の「宗教的真理」を体験した。41年京都帝大講師,大正4(1915)年同教授。経済学史,経済原論を担当。学説的には,はじめは当時の欧米の学説によっていたが,次第に社会主義に惹かれ,はじめは人道主義の立場を守っていたが,「経済原論」の講義も,大正14年以後は『資本論』の解説に終始するようになった。マルクス主義と『資本論』に傾倒するにつれて,思想的にも櫛田民蔵,福本和夫の批判を受け容れ,唯物弁証法を基礎とするようになり,完全なマルクス主義者に脱皮した。昭和3(1928)年京大を辞職,同7年日本共産党に入党し,入獄。その行動は彼独自の「無我」の真理に直結していた。出獄後『自叙伝』を執筆。生涯共産主義を棄てなかったが,同時に常に真理を求め,宗教的求道者の道を歩んだ特色ある経済学者であった。

(中村隆英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かわかみはじめ【河上肇】

1879‐1946(明治12‐昭和21)
マルクス主義経済学者。山口県生れ。1902年に東大法科大学政治科を卒業以来33年共産党員として検挙されるまでの30年間経済学者として活躍,誠実な思想的遍歴と希代の文才による旺盛な著述とで,その影響は広く中国にも及ぶ。初期は,経済的歴史観・限界効用学派の研究や,国民的生産力向上策としての保護貿易論,農工商調和論を唱える一方,利己心と利他心の相克という問題意識から社会主義にも関心を寄せたが,これは“求道の戦士”といわれる彼の生涯の課題となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かわかみはじめ【河上肇】

1879~1946) 経済学者。山口県生まれ。京大教授。人道主義を経て、マルクス主義経済学の研究と無産運動に従事。1928年(昭和3)京大を追われ、労農党を結成。のち共産党に入党、投獄された。著「貧乏物語」「資本論入門」「自叙伝」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河上肇
かわかみはじめ

[生]1879.10.20. 山口,錦見
[没]1946.1.30. 京都
経済学者。啓蒙的マルクス経済学者として大正,昭和初期の左翼運動に大きな影響を与えた。 1902年東京帝国大学法科大学政治科卒業。同大学農科大学講師のほかいくつかの教職を歴任後,一時新聞記者,さらに『日本経済新誌』を主宰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河上肇
かわかみはじめ
(1879―1946)

経済学者、思想家。明治12年10月20日山口県岩国に生まれる。山口高等学校を経て、1902年(明治35)東京帝国大学法科大学政治科を卒業。学生時代に内村鑑三(うちむらかんぞう)、木下尚江(きのしたなおえ)らの講演を聞き、キリスト教に接して初めて内面の世界を意識した。1901年足尾(あしお)鉱毒問題で婦人鉱毒救済会の講演と募金活動に出会って、聖書の山上の垂訓「汝(なんじ)に請う者に与え、借らんとする者を拒むな」を実践すべく、その場でコートと羽織を脱いで寄付し、さらに下宿に帰って衣類など持ち物いっさいを行李(こうり)に入れて救済会に送り届け、『毎日新聞』に奇特の士として記事になった。大学卒業後、東京帝国大学農科大学の講師となり、専修学校や学習院などで農政学を教えた。1905年『読売新聞』に千山万水楼主人の筆名で「社会主義評論」を連載、諸家の社会主義論を縦横無尽に批判し、世評を高めるに至ったが、仏教思想家伊藤証信(1876―1963)の無我愛の運動に共鳴、連載途中で筆を折り、自らの心境を紙上に告白してのち、いっさいの教職を辞して証信の活動拠点である無我苑(むがえん)に参入した。しかし2か月ほどでこの運動に失望して無我苑を去り、『読売新聞』記者となる。大学卒業後この間に『経済学原論』上巻(1905)、『日本尊農論』(1905)、『日本農政学』(1906)などの力作を次々と発表し、新進気鋭の学徒としての評価も定まった。1907年『日本経済新誌』を創刊、編集主幹として、田口鼎軒(たぐちていけん)(田口卯吉(うきち))主宰の『東京経済雑誌』が主張する自由貿易論=商工立国論に対抗して、保護貿易論=農工商併進鼎立(ていりつ)論を主張し、激しい筆陣を張った。それはドイツのフリードリヒ・リストが行った保護貿易論と類似しており、明治政府の国策と結び付く政商型大資本に対し中小資本の利害を代弁するものと評しえよう。1908年京都帝国大学に招かれて講師となり、経済史を教える。このころ『人類原始の生活』(1909)、『時勢之変』(1911)、『経済と人生』(1911)を刊行した。1911年4月1~8日沖縄に地割制調査に赴いたおりに、現地での講演が誤解を受け、有名な「沖縄舌禍事件」を引き起こした。このとき沖縄学の創始者伊波普猷(いはふゆう)と相識となる。1913年(大正2)ヨーロッパに留学、第一次世界大戦に遭遇して1915年に帰国するが、その間『大阪朝日新聞』に寄稿したのを『祖国を顧みて』と題して刊行(1915)、ユニークな東西比較文明論を展開した。
 1916年9月から12月まで『大阪朝日新聞』に連載した『貧乏物語』は河上の名を一躍有名にし、大内兵衛(おおうちひょうえ)は「日本の経済学の転機の前奏曲」と評した。河上はこのころから社会問題への関心を急速に深めていき、1919年、個人雑誌『社会問題研究』の刊行とともにしだいにマルクス主義に接近していった(『社会問題研究』は1930年10月、第106冊で廃刊)。1923年に公刊した『資本主義経済学の史的発展』は彼独自の構想になる経済思想史であったが、櫛田民蔵(くしだたみぞう)の『改造』所載の論文「社会主義は闇(やみ)に面するか光に面するか」によって根元的な批判を受けた。これを機に河上はマルクスの理論と根本から取り組み、京大での経済原論の講義もほとんど『資本論』に即するようになる。彼の理論的代表作『経済学大綱』(1928)は、その成果を示している。1928年(昭和3)『マルクス主義講座』の推薦文で筆禍を招き京大教授の職を辞した。爾後(じご)、政治実践の場に身を投入し、大山郁夫(おおやまいくお)と新労農党の発展に尽力するが、大山と意見対立して別れ、日本共産党の立場にたって政治運動を行う。1932年正式に党員となり地下運動に入ったが、翌1933年1月検挙され、治安維持法違反で懲役5年の判決を受け、理論的非転向の態度を貫いて1937年6月まで獄中にあった。1941年京都に住まいを移し、「閉戸閑人(へいこかんじん)」を自称、『自叙伝』の執筆、漢詩の作詩・鑑賞の生活を送った。1945年の敗戦によってふたたび脚光を浴びることとなったが、身体の衰弱甚だしく、肺炎を併発し、翌1946年(昭和21)1月30日没した。若年のときに悟得した宗教的真理の存在を最後まで確信し、社会科学的真理との両立を主張するユニークな日本のマルクス主義者と評される。[住谷一彦]
『『河上肇全集』第期28巻、第期7巻・別巻1(第期1981~1984、第期1984~1986・岩波書店) ▽『河上肇自叙伝』第1~5巻(岩波文庫) ▽天野敬太郎編著『河上肇博士文献志』(1956・日本評論新社) ▽古田光著『河上肇』(1959/新装版・2007・東京大学出版会) ▽住谷悦治著『河上肇』(1962/新装版・1986・吉川弘文館) ▽大内兵衛著『河上肇』(1966・筑摩書房) ▽山之内靖著『社会科学の方法と人間学』(1973・岩波書店) ▽住谷一彦著『河上肇の思想』(1976・未来社) ▽杉原四郎・一海知義著『河上肇――学問と詩』(1979・新評論) ▽住谷一彦著『河上肇研究』(1992・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の河上肇の言及

【改造】より

…B.ラッセル,サンガー夫人,アインシュタインなどの外国知識人を招いたり,プロレタリア文学流行期にはそれに多くの誌面を割くなど,つねに時代の新思潮を敏感にとらえ大正末年には《中央公論》とならぶまでに成長した。本誌の最多執筆者だった山川均のほか河上肇,猪俣津南雄,櫛田民蔵ら多くのマルクス主義者に誌面を開放し,社会主義運動とマルクス主義の普及に多大の貢献をした。いっぽう,文芸欄は文壇の登竜門としての権威をもち,志賀直哉《暗夜行路》,中条(宮本)百合子《伸子》,芥川竜之介《河童》などの名作も生まれた。…

【社会問題研究】より

…1919年1月弘文堂書房から発刊された河上肇(かわかみはじめ)の個人雑誌。月刊。…

【周恩来】より

…没落した官僚の大家族で育ち,少年期には辛酸をなめた。瀋陽で小学校を終え,1913年天津の南開中学に進み,17年日本に留学,河上肇の著作などを通じてマルクス主義に近づいた。五・四運動がおこって天津に帰り,学生運動の指導者の一人として活躍し,逮捕投獄されたりした。…

【貧乏物語】より

河上肇(かわかみはじめ)の代表作の一つ。1916年《大阪朝日新聞》に〈貧乏物語断片〉の題で連載,17年京都の弘文堂書房から出版。…

【マルクス】より

…しかし,マルクスの思想が本格的に紹介されるようになったのはロシア革命(1917)以後であり,22年には〈日本共産党〉(委員長堺利彦)が結成され,コミンテルン第4回大会において承認された。 昭和に入ると,福本和夫,三木清,河上肇などによるマルクス論が左翼的インテリのあいだで強い影響を及ぼすようになり,28年(昭和3)には世界で最初の改造社版《マルクス・エンゲルス全集》の刊行が開始された(全27巻30冊,補巻1,別巻1。完結1935)。…

【マルクス主義】より

… 明治が大正に転換し,大正デモクラシーの高揚とロシア革命の影響が,〈冬の時代〉の終りを告げると,社会主義とマルクス主義の研究・運動も復活する。人道主義的立場から《貧乏物語》(1917)を書いていた河上肇は,個人雑誌《社会問題研究》を創刊(1919)し,しだいにマルクス主義研究を進めた。また堺や山川均,荒畑寒村らも《社会主義研究》や《新社会》を発刊して,〈我々の旗印とは何ぞや,曰くマルクス主義である〉と宣言(1919)し,労農ロシアのボリシェビズムへと向かった。…

【陸游】より

…日本では山本北山(1752‐1812)刊《放翁先生詩鈔》が版を重ね,天明から幕末にかけて晩年の俳句風抒情詩がよく読まれた。明治以後も読みつがれ,いくつかの注釈書が出ているが,たとえばマルクス経済学者河上肇なども熱心な読者の一人で,大部な評釈書《陸放翁鑑賞》をのこしている。【一海 知義】。…

※「河上肇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河上肇の関連キーワード上田耕甫古典学派聟島唐行き女優劇佃島ふたり書房河津暹杉原四郎杉山忠平那須皓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河上肇の関連情報