錙銖(読み)シシュ

デジタル大辞泉の解説

し‐しゅ【××銖】

《昔、中国の量目で、100粒の黍(きび)を1銖とし、24銖を1両、8両(または6両とも)をとしたところから》わずかなこと。また、ごく小さいこと。銖錙(しゅし)。
「牙籌(がちゅう)を取って―を争うは自分の長処でないから」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししゅ【錙銖】

〔古代中国で、百粒の黍きびを一銖、二四銖を一両、八両を錙としたのによる〕
ごく少ない目方。わずかなこと。銖錙。 「日に-の利を争ふて/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐しゅ【錙銖】

〘名〙 (古代中国の目方の単位で、一〇〇粒の黍(きび)を銖、二四銖を両、八両(一説に六両)を錙としたところから。また、一説に六銖が錙) わずかな目方。転じて、物事の微細なこと。銖錙(しゅし)
※令義解(833)考課「言司選之於才能。猶銓衡之於錙銖
福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉七六「日に錙銖(シシュ)の利を争ふて」 〔礼記‐儒行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android