コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錙銖 シシュ

2件 の用語解説(錙銖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐しゅ【××銖】

《昔、中国の量目で、100粒の黍(きび)を1銖とし、24銖を1両、8両(または6両とも)を錙としたところから》わずかなこと。また、ごく小さいこと。銖錙(しゅし)。
「牙籌(がちゅう)を取って―を争うは自分の長処でないから」〈魯庵社会百面相

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ししゅ【錙銖】

〔古代中国で、百粒の黍きびを一銖、二四銖を一両、八両を錙としたのによる〕
ごく少ない目方。わずかなこと。銖錙。 「日に-の利を争ふて/福翁百話 諭吉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

錙銖の関連キーワード再婚禁止期間タイソン ゲイ利回り北島康介藤田秀世西澤裕介百万遍念仏気温仁王会ラスパイレス指数

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone