銘打つ(読み)メイウツ

大辞林 第三版の解説

めいうつ【銘打つ】

銘を刻む。
名目をつける。もっともらしい名目をかかげる。 「環境にやさしいと-・った商品」

めいうつ【銘打つ】

( 連語 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい【銘】 打(う)

刀剣、器物などに製作者の名を刻む。転じて、名目をかかげる。称する。看板としてかかげて宣伝する。
※太平記(14C後)一二「甲の真向に、第六天の魔王と金字に(メイ)を打たる者座中に進出で」
※俳諧・詞林金玉集(1679)一二「月山と銘もうちたや月の剣〈久年〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銘打つの関連情報