コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭函 ぜにばこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭函
ぜにばこ

北海道北西部,小樽市東部にある集落。石狩湾にのぞむ。地名は各戸銭箱を積むほどのニシン豊漁に恵まれた漁場にちなむ。海岸は札幌,小樽両市の海水浴場としてにぎわう。 1960年頃から海岸段丘上の宅地化が進み,75年頃からは単合板,製鋼,機械などの工場が進出。ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。 JR函館本線,国道5号線,札樽自動車道が通り,銭函インターチェンジがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕銭函(ぜにばこ)


北海道小樽(おたる)市東部の海岸地区。札幌市に隣接する住宅地で、海水浴場がある。江戸時代は石狩(いしかり)湾岸のニシン漁場としてにぎわった。札幌と小樽を結ぶ道路交通の要地をなしたが、明治期の鉄道開通でさびれた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

銭函の関連キーワード岡田弥三郎(10代)小樽飲酒ひき逃げ事件田村 邦夫石狩平野江戸時代村上 由和弘食品札幌市住宅地石狩

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銭函の関連情報