コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石狩湾 いしかりわん

7件 の用語解説(石狩湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石狩湾
いしかりわん

北海道西部,小樽市高島岬石狩市の愛冠海岸 (あいかっぷかいがん) との間にある湾。水深は 50m以内。南西岸に重要港湾の小樽港がある。湾岸は 1935年頃までニシン漁で栄えた。 1973年より石狩川河口付近に北海道総合開発計画に基づく総合流通基地と臨海工業の建設を目指す,石狩湾新港 (重要港湾) の建設事業が進められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いしかり‐わん【石狩湾】

北海道中西部、日本海に面する湾。ふつう北は雄冬(おふゆ)岬、南は積丹(しゃこたん)岬の間をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石狩湾【いしかりわん】

北海道西岸のほぼ中央にある湾。北に雄冬岬,南に積丹(しゃこたん)半島が突出,水深100m以内で,石狩川が注ぐ。かつて北海道におけるニシン漁の中心で,余市,古平などの漁業が繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしかりわん【石狩湾】

北海道西部,雄冬岬と積丹(しやこたん)岬を結ぶ線の南東の海域。湾口80km,湾入50kmの大きな湾で,東側は増毛(ましけ)山地が海に迫り,南側は積丹半島の火山性台地が続き,ともに平野はほとんどなく,海岸には海食崖が発達している。とくに積丹半島先端部の沖は,石狩海盆が入りこんでいて急深を示すが,湾奥は石狩平野に続く砂浜で,ゆるやかに深度を増す。砂浜は海水浴場になるが,湾の中央部に,掘込みと埋立てによる石狩湾新港が1973年着工で建設され,82年開港され,引き続き整備開発が進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いしかりわん【石狩湾】

北海道中西部の湾。北は雄冬おふゆ岬に、南は積丹しやこたん岬に限られる。石狩川が注ぐ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕石狩湾(いしかりわん)


北海道西部、日本海から大きく入り込んだ湾。石狩支庁北部の雄冬(おふゆ)岬と積丹(しゃこたん)半島北西端の積丹岬を結ぶ線を湾口とする。湾奥の背後は石狩平野で、石狩川が流入する。西部は岩礁海岸で海食崖(かいしょくがい)が発達し、ニセコ積丹小樽(おたる)海岸国定公園に属する景勝地が続く。東岸は弓状の砂丘地帯。南西岸の余市(よいち)港・古平(ふるびら)港などはかつてニシン漁で繁栄した。湾奥に重要港湾の小樽港・石狩湾港などがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石狩湾
いしかりわん

北海道中西部、日本海に面した湾。小樽(おたる)市高島岬から石狩市愛冠(あいかっぷ)岬に至る約80キロメートルの海岸線をもって北に開いている。小樽市から石狩市望来(もうらい)までは砂浜で、それから北は段丘崖(がい)や山脚が海に迫る岩石海岸である。この砂浜の内側に数行の浜堤列がみられ、縄文期の海進後の海岸線の段階的前進を示している。石狩市と小樽市の境界付近に石狩湾新港が建設された。小樽市高島、石狩市望来、同市厚田(あつた)区には小漁港があるが漁獲量は少ない。石狩湾の潮流にはいくつかの渦流(かりゅう)があって複雑になり、ここに小低気圧が発生すると、夏は局部的な大雨になり、冬は平地部に大雪を降らせることが多い。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石狩湾の関連情報