コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭箱 ゼニバコ

デジタル大辞泉の解説

ぜに‐ばこ【銭箱】

銭を入れておく箱。施錠の仕掛けや(びょう)打ちをして頑丈な作りになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜにばこ【銭箱】

江戸時代に商家で使用した、銭を保管するための木箱。箱の上部に投入口があり、下部の取り出し口には錠をつけ、頑丈に作られている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭箱
ぜにばこ

(びたせん)といわれる穴明銭(あなあきせん)(寛永通宝(かんえいつうほう))など小額の貨幣を入れる木製長方形の箱。遠くから投入できるように漏斗(ろうと)形の口や丸い穴があり、金を自由に取り出せないように錠前(じょうまえ)がかかっている。中には額(がく)(一分銀、二朱金などの長方形の貨幣)や小判を入れられるよう投げ入れ口の裏蓋(ぶた)に小さな引き出し箱がついたものもある。銭箱の四隅に頑丈な金具をつけたものを俗に千両箱という。小判でも千両以上も入るので、あくまでも銭箱の変形とみるべきである。銭箱を銀箱という場合があるが、これは銭よりも高額の貨幣入れである。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

銭箱の関連キーワードくろたき水組木工品コガネムシだりむくる熊谷直孝江戸時代地蔵盆千両箱御宝前民具下部木箱遠藤銭函打撒鉄銭帳場上部商家金箱賽銭

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銭箱の関連情報