鋼索(読み)こうさく

精選版 日本国語大辞典「鋼索」の解説

こう‐さく カウ‥【鋼索】

〘名〙 鋼製針金をより合わせて作ったケーブルカー、ロープウエー、エレベーター、起重機などに用いる。ワイヤーロープ。(さくじょう)
※時事新報‐明治三三年(1900)一〇月二八日「鉱山、汽船等に必要なる鋼索のみは、〈略〉輸入品に依頼するの一方にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鋼索の言及

【ワイヤロープ】より

…鋼の素線(ワイヤ)を撚(より)合わせてつくった綱。鋼索という場合,ワイヤロープを指すことが多い。ただし長い鋼索がつり橋などのつり構造物の主部材や,ケーブルカー,ロープウェーなどに用いられるときケーブルcableと呼ばれるが,これには撚り合わせてつくったロープケーブルのほかに,ワイヤを撚らずに平行に束ねた平行線ストランドを用いる平行線ケーブルもある。…

※「鋼索」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報