コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦貝 ニシキガイ

デジタル大辞泉の解説

にしき‐がい〔‐がひ〕【錦貝】

イタヤガイ科の二枚貝。海岸の岩に付着し、殻長約4センチ。アズマニシキガイに似るが、殻表に鱗片(りんぺん)状の突起の並ぶ太い放射状の肋(ろく)がある。色は白・褐色・紅色などさまざま。本州中部以南に分布。みやこがい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしきがい【錦貝】

海産の二枚貝。貝殻は扇形でふくらみが弱い。ホタテガイに似るが小形で、殻高約4センチメートル。貝殻の表面は放射状の肋ろくが二〇本内外ある。色彩は黄、褐色、赤、紫など変化に富む。本州中部以南から南洋にかけて分布。ミヤコガイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

錦貝の関連キーワードホタテガイ貝殻南洋海産扇形

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android