コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦部刀良 にしごりの とら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦部刀良 にしごりの-とら

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
讃岐(さぬき)(香川県)の人。斉明(さいめい)天皇7年(661)百済(くだら)(朝鮮)救援軍に参加,許勢部形見(こせべの-かたみ)らと唐(中国)の捕虜となる。低身分の官戸(かんこ)として40年余をすごしたのち放免され,慶雲(きょううん)元年遣唐使粟田真人(あわたの-まひと)にしたがって帰国。4年(707)慰労の品をさずかった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

錦部刀良の関連キーワードあすか武人

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android