コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島米之助 なべしま よねのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島米之助 なべしま-よねのすけ

1840-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。土佐高知藩士。京都藩邸につとめる。同郷の楠目藤盛(ふじもり)とともに脱藩,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。天誅(てんちゅう)組の大和挙兵に参加,文久3年9月25日大和(奈良県)鷲家口(わしかぐち)で彦根藩兵とたたかい戦死。24歳。名は義復(よしまた)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鍋島米之助の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝アヘン戦争シュティフターレールモントフ黒川良安グリム(兄弟)自転車チエールネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android